肌トラブルと睡眠

肌トラブルと睡眠



 

 

睡眠が不規則になってしまうと生活リズムが乱れてしまい、
肌の生まれ変わりに影響が出てしまいます。
クマや吹き出物、くすみ、ニキビなど様々な影響が現れます。
睡眠を取ることはとても大切です。

 

お肌のターンオーバーってよく聞きますよね。
肌の奥で新しくできた細胞は少しずつ上に上がってきて、
約一ヶ月 ほどで肌の表面にたどり着きます。
これがターンオーバーです。
そして、このターンオーバーで重要な のは「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモンは寝ているときに分泌されます。
成長ホルモンは細胞 の分泌を促して、ヒフの再生活動を盛んにします。
そのため、睡眠をとらないと成長ホルモンが分泌されないため細胞の
分泌がうまくいかなくなってしまうのです。
成長ホルモンがもっとも分泌されるのは睡眠してから3時間の間です。
そして睡眠が深ければ深いほど成長ホルモンは出ます。
よい環境でしっかりと睡眠をとることがお肌にはいいのです。

 



 

肌のゴールデンタイム

肌のゴールデンタイムという単語は女性雑誌でよく特集をされていたりするので、
ご存知の方もいるかと思います。
22時から2時の間に寝るとお肌に良いという説です。
最近ではゴールデンタイムは時間で区切るのではなく、
肌の生まれ変わりを促し成長ホルモンが分泌する時間帯
ゴールデンタイムといわれています。
すべての人が同じ時間がゴールデンタイムというはちょっと無理がありますからね。
成長ホルモンは別名では「天然の美容液」などと呼ばれており、
ターンオーバーに不可欠であり、
お肌のハリや弾力を維持する水分量を保持する働きがあります。
睡眠をとってから約3時間、しっかり熟睡することです。
お肌のゴールデンタイムは質の良い睡眠をとることが重要なのです。