寝る前に安眠効果を高める飲み物

寝る前に安眠効果を高める飲み物



 

睡眠前のひと時の時間を落ち着く飲み物で
眠気を覚ましてくれる飲み物はたくさんあるのに
睡眠を呼ぶようなものに関するものって少ないですよね。

 

睡眠薬を飲むほどでもないけど、
疲れたから、明日早いからスンナリ寝たいって時があると思います。

 

そこで今回は安眠効果をもたらす飲み物についてご紹介します。

安眠効果を高める飲み物を3つ
・ハーブティ
・ホットミルク
・ココア

 



 

 

安眠効果を高める飲み物

 

1.ハーブティー
「カモミール」の睡眠に効果があると言われています。
ハーブティーでは定番なので飲んだことない人でも名前は知っていると思います。
この「カモミール」ですが、リラックス効果が高く、
昔から不眠や神経痛などに使用されていました。

睡眠の前に精神を寛がせ、ホッと落ち着かせることができます。

 

また、カモミール以外にもハーブティーは種類が多く、
眼精疲労の予防にクランベリーや花粉症や皮膚炎にネトルなど
様々な効果を得ることができます。

 

 

2.ホットミルク
眠る前に飲むといいといわれる代表的なホットミルク
寝る前に飲んだことある人もいると思います。
冷たいと胃を刺激してしまうので、必ず人肌程度に温めて飲みましょう。
就寝前に200mlの牛乳を飲むことで睡眠の質が向上すると
富山医科薬科大学の研究で出ているようです。

カルシウムが多く含まれていて安眠に必要なセロトニンの材料になる
トリプトファンも含まれているので心地よい睡眠をもたらしてくれます。

 

 

3.ココア
甘い香りのココアには副交感神経を優位にしてくれる効果があります。
ココアのいいところは
ストレスに強くなる効果「テオブロミン」という成分が入っています!!
ストレスに悩む方に最適です
このテオブロミンは、自室神経を整えるので、落ち着きを与えてくれます。
落ち着き、リラックスをするとよい睡眠に入れます。
また「テオブロミン」には、血液の循環を改善して体を温めるので、
手足が冷えて眠れない方にオススメです。

 

 

寝る前あまり摂取しないほうがいい飲み物

 

それはカフェインを多く含むものです。
コーヒー・紅茶などがよく言われています。
カフェインは眠気覚ましなどにも使用されていて、
覚醒させる作用があるため寝る前には控えたほうがいいのです。
しかもカフェインを摂取してから
効果が消えるまで5〜7時間もかかってしまいます。
夕方以降はできるだけ控えたほうがよいでしょう。

 

最近ではノンカフェインの商品も増えてきているので
寝る前にコーヒーなどが飲みたくなったら
ノンカフェインにするといいでしょう!!