睡眠のために、日中の活動を見直そう

睡眠のために、日中の活動を見直そう

 

 

目覚めが悪く、朝しっかりと起きれなかったり、
一日中眠くてボーっとしてしまったり
ちゃんと睡眠が取れていないと普段の生活もままなりませんよね。

 

睡眠を取るのも大事ですが
夜にしっかりと眠れるために日中の生活も重要になってきます。

 

 

太陽の光を浴びる

起床したら朝日を浴びると体内時計が整い、夜になって入眠しやすくなります。
朝、目が覚めたらカーテンを開け、日差しを浴びるといいでしょう。

 

 

朝食はしっかりと食べる

脳を働かせるエネルギー源としてパンやご飯の主食は大事です。
大豆製品や乳製品には「睡眠ホルモン」の分泌を促すトリプトファンが含まれています。
トリプトファンは分解される時間を考慮し、朝食でとるのがお勧めです。

 

 

 

「睡眠ホルモン」と呼ばれている正体は、メラトニンといいます。
脳から分泌されるホルモンです。

 

 メラトニンの効果
・眠りに導いてくれる
・抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促す
・疲労回復
・老化防止
・病気の予防

 

朝に身体に光を浴びると、体内時計がリセットされます。

活動状態になると、メラトニンの分泌が止まります。
メラトニンは目が覚めてから14?16時間ぐらいすると再び分泌されます。
段々にメラトニンが分泌され、
その作用で深部体温が低下し休息に適した状態に導かれ
眠気を感じるようになります。

 

 

睡眠覚醒リズムが乱れる原因は、
体内時計の働きが乱れてメラトニンの分泌が抑えられてしまうことです。
主にメラトニンの分泌は光によって調節されているため、
夜間に強い光を浴びてしまうと体内時計の乱れの原因のひとつになってしまいます。
寝室に行ったら強い光は浴びずに間接照明にするのがいいでしょう。

 



 

 

快眠習慣のプラスα

 

太陽の光を浴びたり、朝ごはんを食べたりももちろん大事ですが
それ以外にも心がけるとよい睡眠を取れるようになるものを紹介いたします。

 

 

運動

快眠には18時〜20時の時間帯の運動が効果的です。
寝る前には激しい運動はせず、
ヨガやストレッチなどで軽く体を動かすといいでしょう。



 

 

香り【アロマテラピー】

寝室にラベンダーやゼラニウム、カモミールなど使用するとリラックスできます。
香りのいいところは手軽に気分転換ができるところです。
こころを落ち着かせ、「眠りのモード」に移行することができます。



 

 

入浴

シャワーだけでなく、ぬるめのお湯にしっかりとつかってください。
お風呂に入っていやだったなぁなんて思う人はいないと思いますし、
さっぽりして体も温まり緊張もほぐれます。