運動で睡眠の質の向上

運動で睡眠の質の向上



 

運動で睡眠の質の向上

 

昼間に適度な運動をすると、夜に快眠することができます。

 

しかし運動も寝る前は避けましょう。

 

寝る直前に運動をしてしまうと血行がよくなり体温が上がってしまいます。

 

また運動をすると交感神経が活性化し、脳が「興奮」をしてしまいます。

 

そのため運動は寝る時間より3時間前に行うようにしましょう。

 

寝る前に軽い運動をするのが効果的です。就寝時の寝付きをよくしてくれます。

 

激しくない運動としてヨガがオススメです。

 

 

ヨガをおすすめの理由

 

アメリカの運動科学研究が、寝る前のヨガが快眠になると立証したそうです。
心と体の調子を整えるヨガ。
副交感神経が優位になるし体のバランスやストレッチを整えるのでリラックスに最適です。
難しいポーズはほとんどありません。

 



 

副交感神経は、活発に動くことで疲労した体を回復させる神経です。
反対の働きをする交感神経とバランスよく働くことで、健康と生命を維持しています。
交感神経・・・活発に動いてる、ストレス・緊張している
副交感神経・・・休養、体の回復をしている、リラックスしている

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
運動と睡眠の関係性について9000人の被験者が行った大規模な研究がありました。
20分以上の激しい運動をした場合、3時間以上の軽い運動した場合などで、
就寝時間、睡眠時間、起床時間を運動した日としない日をそれぞれを調査したそうです。
運動した日のほうが、平均19分間長く深く睡眠ついていて、
筋肉や脳細胞の回復していくことが分かりました。
さらに、深夜に起きる割合も運動していない日は運動した日に比べて13%も増加していることも分かったそうです。